2010年09月15日

茅ヶ崎 稲村ジェーンとアンデルセン

茅ヶ崎・菱沼海岸のラブホテル「アンデルセン」が閉鎖されました。
ラブホテル1軒無くなってもどうでもいいのですが、サザンデビューの頃よりのファンには
おなじみのホテルで問題はありませんが、新しい若い世代のファンには何のことやら意味不明
になると思われます。
アルバム「稲村ジェーン」の「忘れられたBIGWAVE」が終わると曲の間にせりふ・・・・
映画終わったらさ、よってくか・・どこに?・・どこにって・・ほら・・ねぇ近いの、遠いいの?
・・近いの・・だからアンデルセン・・馬鹿・・・・このアンデルセンのことなのです。
アンデルセンのカフェでパンとコーヒーじゃなくて上記のラブホのことなのですが、隣りの
パシフィックホテルと同様に、すでに地図からも消滅しています。
東から西に順に「アンデルセン」「パシフィックホテル」「第一中学」と並んでいました。
解体と聞いて行ってみたらもう更地、写真撮ってなかったのです。残っているのは部屋でいたずらに
撮られた自分の写真1枚だけ。アップできない・・ヌードだし・・自分の場合、全身がワイセツ物だし。
chigasaki Andersen01.jpg chigasaki Andersen02.jpg
 134号から茅ヶ崎ゴルフのクラブハウスに向かう道      クラブハウスの先の角を右折
chigasaki Andersen03.jpg chigasaki Andersen04.jpg
  電柱の先5〜6mの所にアンデルセンの入口   手前の空地に南欧風2階建てのアンデルセン

アルバム「稲村ジェーン」リリースの頃は左右とも真っ暗で奥にアンデルセンのネオンが輝いていました。
かなり人家が増えてきて、現在は住宅地に変わってきています。
ラブホというよりモーテル形式で、独立した部屋ではなく長屋風の連棟の造りでした。
それぞれの1階部分が車庫で脇に2階への急な階段がついていました。

              chigasaki Andersen07.jpg
      当時の映画の前売りチケット  唯一残ってたアンデルセンの写真
      chigasaki Andersen09.jpg   chigasaki Andersen08.jpg
       
     こんな感じの部屋・・・壁だけじゃ参考にもならないか 映画が公開されてた頃
 
posted by t.z at 14:24| Comment(0) | 関東各地tokyo-widearea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。