2013年02月05日

目黒 十二代目・市川團十郎 逝去

昨年12月に管理人は京都・南座で「年末吉例顔見世大歌舞伎」を観劇してます。しかしその前々日に市川團十郎は体調不良で降板。南座正面の歌舞伎ファンが集まる喫茶店「ナカタニ」に立ち寄ると周囲は團十郎を心配する話題ばかり。年末には新橋演舞場「寿初春大歌舞伎」の休演も発表されたが「重篤ではなく年内には退院」のアナウンスに一安心していたところ。来春(2013年4月2日)新築オープンする銀座・歌舞伎座のこけら落し公演出演を楽しみにしてた所に突然の訃報。
息子さんの西麻布での大暴れをきっかけに市川家を守る團十郎さんが気になる存在に・・2004年に急性前骨髄球性白血病と診断され、その後に家族から骨髄移植を受けて闘病しながらの舞台。中村勘三郎を失ったばかりの歌舞伎界にこの重なるショックは、新しい歌舞伎座の開場が暗い雲に覆われるばかりか芸の伝承にさえ危惧を抱いてしまう。
danju01.JPG   danju02.JPG
昨年12月20日の京都・南座 團十郎降板が発表された2日後
danju013.JPG danju014.JPG
團十郎の名は上段左 中村勘三郎の死を乗り越えての勘九郎襲名披露公演でした
danju015.JPG danju016.jpg
(左写真)南座正面前の四条通を渡ったところにある喫茶店・・客は歌舞伎ファンばかり (右写真)目黒の市川海老蔵と小林麻央夫妻のお宅(奥正面)・・西麻布事件当時の撮影でまだガード強化される前 真後ろ方向に直進・徒歩3分以内で父・團十郎の邸宅前に

posted by y.s at 00:34| Comment(0) | 東京北西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。