2013年03月17日

上野公園 会席料理 韻松亭

会席料理「韻松亭」は1875年(明治8年)の創業。
パッと上記の時代がイメージできる方は尊敬してしまいます。
新政府軍VS彰義隊の戦闘で上野の山が焼け野原になってから7年目の創業。西郷隆盛・大久保利通は元気に東京の街を動き回っているし、あの桂小五郎だって生きていた時代です。本郷(現・東大構内)から大村益次郎(長州藩)指揮の官軍砲兵隊が、彰義隊が立て籠もる上野・東叡山寛永寺の広大な境内に向けてアームストロング砲を一斉砲撃。砲弾はうなりをあげて飛び交い瞬時に一帯は焼け野原に。現在の上野公園内の清水観音堂の扁額(絵です)の上にその砲弾が乗っかってます(飾ってある)。現在の正面口の交番横付近の黒門で激戦・・彰義隊は数刻で崩壊・逃走して散りじりに・・・それからわずか7年後の創業なのです。もちろん西郷さんの銅像より韻松亭(いんしょうてい)のほうが先に建っているのです。維新政府のお墨付きの店(上野公園建設は東京府の計画でその構想内の飲食施設)といっても言い過ぎではないでしょう。
店の詳しい情報はHPのほうで http://www.innsyoutei.jp/main.html・・「ぐるなび」とかでもチェックして下さい(いつもの手口)。
なにか他に紹介することは無いのかと問われそうなので・・実はこの店に行ったのは2回だけ(甘味の茶店は別にして)、ですがその2回で2回ともあの「電通」さん御一行と遭遇(下足番の所で名乗っていた)。会合とか接待の感じで(AKBメンバーがべったり寄り添って・・は無かったです)、皆さんタクシーで次々と到着。これが言いたかっただけ・・公園内ですが店の前まで車で乗り付けられるのでとても便利なのです。
ueno insyoutei01.jpg  ueno insyoutei03.jpg
韻松亭の正面側・・建物左の1室が茶店(入口別) 玄関には下足番・・靴を預けます 看板には「御貸席 韻松亭」・・こちらが正式?
ueno insyoutei04.JPG  ueno insyoutei05.jpg
玄関左に茶店というか「喫茶去」の入口 右は「韻松亭」内部の左奥の座カウンター席・・グループ用の和室も大小揃ってます
ueno insyoutei06.jpg  ueno insyoutei07.jpg
料理はお昼のランチっぽいメニュー(夜よりは手頃です) 千葉から通っている管理人と同姓の仲居のSさんとお喋りして・・「結婚しても旧姓だかどっちだか分らなくて困りますね」なんてアホ話に上手に付き合って頂いて料理が更に美味しくなったのです かなり以前に(婦人服関係の)仕事絡みで夜に訪れて以来だったので・・印象は昼のほうが(室内が)明るくて緑の木々も窓越しに映えて・・次も昼です(キレイな女性と一緒に)
ueno insyoutei08.jpg  ueno insyoutei09.JPG

ueno insyoutei10.jpg  ueno insyoutei11.jpg
いろいろと店の情報です
ueno insyoutei12.JPG  ueno insyoutei13.JPG
韻松亭(左の竹垣)の周囲・・間もなく「桜」の季節 寄ってみる価値のある店です 右写真は茶店の玄関
上野公園の開園は1873年(明治6年)5月・・東京府公園として芝公園などと同時に指定を受けてます 西郷さんの銅像(高村光雲作・犬は別人の作)の除幕式は明治31年で韻松亭オープンよりはるか年月を経た後のことです
ueno insyoutei16.JPG  ueno insyoutei17.JPG
以下は茶店の紹介画像です 靴も脱がずに椅子席中心なので手軽に利用できます
ueno insyoutei014.JPG  ueno insyoutei18.JPG

         ueno insyoutei015.JPG

posted by y.s at 00:39| Comment(0) | 上野・御徒町・湯島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。