2013年09月23日

名古屋 映画館 シネマスコーレ

2012年2月19日に開館30周年を迎えた映画館「シネマスコーレ」(名古屋駅・新幹線口=中村口から徒歩2分)。「スコーレ」と聞いただけで反応してしまうあなたは超絶映画通です。千駄ヶ谷5丁目に本社を置くスコーレ(株)・・今は亡き若松孝二氏の本拠地・若松プロの建物に、その会社名の表札が掲げられています。
映画館「シネマスコーレ」(映画の学校の意)は、1983(昭和58年)年2月19日に映画監督・製作者である若松孝二氏(当時47歳)をオーナーとして開館しました。以来30年にわたり、メジャー系列では発表の場を得られない作品にスポットをあて、アジア系映画・インディーズ作品などをも巻き込んで上映プログラムを組んできてます。また上映だけでなく外国映画の配給にも積極的に進出。小さい館でありながら有名監督・俳優らが度々舞台挨拶に訪れていることを付記。
1983(昭和58年)の開館第1回目のプログラムは
 2月19〜28日 「犯された白衣」若松孝二+「テロルの季節」若松孝二+「聖少女拷問」若松孝二
 オーナーである若松孝二のピンク映画製作時代の若松プロ作品3本で幕開け。同年の以降のラインアップは長谷川和彦・高橋伴明・黒木和男・横山博人・東陽一らの監督作品が上映され、4月からは「愛のコリーダ」の大島渚・「セーラー服と機関銃」の相米慎二・「転校生」の大林宣彦ら人気監督作品が続いて上映されました。
全上映作品と若松氏のインタビューなどが同館のHPに掲載されており、地図・上映予告等の情報もあわせて確認できます。シネマスコーレ http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/
客席数 51席
名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1階
cine-skho01.JPG cine-skho02.JPG

cine-skho03.JPG cine-skho04.JPG

cine-skho05a.JPG cine-skho05b.JPG

cine-skho06a.JPG cine-skho06b.JPG

cine-skho07.JPG cine-skho08.JPG

   cine-skho09.JPG  cine-skho10.jpg
(右写真)千駄ヶ谷の若松プロの玄関・・シネマスコーレ(アートビル1階)とカラーが似ている?!
cine-skho11.JPG cine-skho12.JPG

cine-skho13.JPG cine-skho14.JPG

cine-skho15.JPG cine-skho16.JPG

cine-skho17.JPG cine-skho18.JPG

cine-skho19.JPG cine-skho20.JPG


posted by y.s at 23:00| Comment(0) | 各地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。