2013年12月01日

麻布竜土町 明智探偵事務所をさがして 江戸川乱歩「人間豹」より

江戸川乱歩は、1933年(昭和8年)の春に、東京市戸塚町の下宿屋「緑館」(昭和6年11月まで営業)を引き払い、家族とともに、芝区車町8番地(都営浅草線泉岳寺駅・田町寄りの出入口すぐ)の借家に移転した。庭付き木造二階建ての大きな家だが、移転の決め手となったのは、一階の廊下とつながっている土蔵造りの洋間があったためだったという。乱歩はその土蔵を書斎として使用する。その翌年(昭和9年)の5月から、その土蔵で執筆した猟奇的長編探偵小説「人間豹」が、雑誌「講談倶楽部」(講談社)に連載(昭和10年5月に完結)される。乱歩の別次元の世界に迷い込んだような異常な発想を生み出した要因は、「京浜国道と東海道鉄道線に近く、二階の私の部屋は終日終夜、轟々と鳴り響いて安眠出来ず、神経衰弱となった」にあるのではないだろうか。乱歩は、お気に入りの土蔵の書斎があるにもかかわらず、わずか1年で再移転してしまう。

人間とも獣ともつかない男が、美しい容貌の若い女を次々と食いちぎり、(明智小五郎の新妻の)文代さんまで裸にして熊のぬいぐるみに押し込めて、獣の前に・・・。神谷青年は、人間だか野獣だかわからぬ怪物に目の前で恋人弘子を殺されている。呪うべき日から1年あまりが過ぎ去った頃、神谷には新しい恋人ができ、脳裏からは野獣の記憶が一日一日と薄らいでいる。その恋人はレビュー団の女王と讃えられる歌姫で<<十九の春のふっくらと成熟した肉体>>の持ち主。かっての恋人弘子と瓜二つの江川蘭子という美しい娘なのだ。だが、またしても、あのケダモノがあらわれる。
「キャア・・・・助けてぇ・・・・」死にもの狂いの悲鳴をあげる蘭子。野獣らしい黒い裸身が、四つん這いになって、ノソリノソリと蘭子にせまる。人間豹は、ギラギラ光る青い眼で、さも楽しそうに餌食を睨んでいる・・・。
    ramporyudo01.JPG   ramporyudo02.JPG
 美しい(?)瓜二つ(?)の弘子と蘭子・・黒の革紐で拘束状態だ・・蘭子は首輪なのだ

神谷は数日前から考えていたことを実行に移さざるをえなくなる。警察力が頼みに足らず、ほかに手段はない。私立探偵といえば、たちまち思い浮かぶのが、あの明智小五郎。神谷は運転手に行き先を告げる。「麻布、竜土町へ」。
<<明智小五郎は「吸血鬼」の事件の後、開花アパートの独身住いを引き払って、麻布区竜土町に、もと彼の女助手であった文代さんという美しい人と、新婚の家庭を構えていた。(略)低い御影石の門柱に「明智探偵事務所」と、ごく小さな真鍮の看板がかかっている。そこをはいって、ナツメの植え込みに縁とられた敷石道を一と曲がりすると、小じんまりした白い西洋館、玄関の呼鈴を押せば、直ぐさまドアがあいて、林檎のような頬っぺたをした詰襟服の愛くるしい少年が顔を出した。これも「吸血鬼」事件でおとなも及ばぬ働きをした少年助手小林である。>>江戸川乱歩「人間豹」創元推理文庫版のP152から抜粋
・・・麻布竜土町の御影石の門柱がある小じんまりした白い洋館。門の外は淋しいといっても、時々はタクシーの通る往来(P175)。見覚えのある場所だ。探しに行かなくては。竜土町はそれほど広くはない、すぐに見つかる。
ramporyudo03.jpg ramporyudo04.jpg
(左写真)かって右側中央付近に瀟洒な洋館が建っていた (右写真)その洋館があった路地よりやや南よりに、現在も残る古い煉瓦塀が・・・
 ramporyudo05.jpg   ramporyudo06.jpg

「人間豹」のその後の展開は・・・神谷青年が明智探偵を訪ねたばかりに、蘭子は花に埋もれたむごたらしい裸体の死骸となって神谷の前に・・・さらに人間豹は、明智小五郎の新妻・文代にも牙を剥き襲い掛かる。文代さんは真っ裸にされて・・・・後のおぞましいストーリーは、初出の「講談倶楽部」誌に掲載された挿絵を転載した創元推理文庫版をお薦めするのだ。
参考
「人間豹」江戸川乱歩 創元推理文庫
「江戸川乱歩 貼雑(はりまぜ)年譜」講談社1989年刊
posted by y.s at 23:56| Comment(2) | 六本木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家が契約しているケーブルテレビで、時々ドラマ「江戸川乱歩の美女シリーズ」を放送しています。明智小五郎を演じているのは、故・天知茂様。女性の裸が必ず出て来ますが、原作でもそうなんですね。叶和貴子さんが××の美女シリーズに2作位出演していますが、和服美女がデビュー当時、宇宙刑事ギャバンでミニスカ姉ちゃんをやっていたなんて。すごいギャップです。
Posted by 定マニア at 2013年12月06日 11:05
定マニアさん こんばんわ
江戸川乱歩は 偉大なるエログロ通俗小説家です エロは艶っぽさより妖しさに重心を置いていて グロの割合いが七割ぐらいを占めている感じです 妖・怪のふたつのあやしさがミックスされた世界に引き摺りこまれます 乱歩おじさんが横でお供してくれるので安心して不思議ワールドに踏み込めます
天知茂は眉間の皺がどうもダメ 明智役は難しい 二枚目過ぎてもよくないし・・・
Posted by 管理人 at 2013年12月06日 19:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。