2013年12月04日

京都宇治 阿部定の足跡 菊屋旅館跡 

阿部定は、戦後の混乱が収まりかけた昭和23年に、長田幹彦(劇作家)が主宰する劇団の芝居「昭和一代女」に自ら「阿部定」役で出演する。約半年間(地方公演に続いて東京浅草で上演)に渡り舞台出演をこなした後、学歴も浅く手に職もない阿部定は東京で自活する術もなく、関西方面で芸妓や仲居の仕事に就くことになる。大阪・難波でバー勤めする以前に、まず京都宇治市で仲居として働いている。宇治川沿いの割烹旅館「菊屋」で働く姿が、女性週刊誌に周囲の人々の証言とともに取り上げられている。「女性自身」誌1968年(昭和43年)9月16日号の記事を参考にした「阿部定正伝」(1998年刊)が、内容を採録している。
abe uji01.JPG abe uji02.JPG
平等院表参道から細い路地を左に入り、宇治川の堤に出る手前に旅館「菊屋」(廃業)の建物が残っている。堤からその建物を垣間見ることができる。週刊誌の記事では、阿部定は閉じこもったままで外出する機会はほとんど無かったという。
abe uji03.JPG abe uji04.JPG
宇治川に架かる宇治橋から見た元「菊屋」。大きな樹木の先の右側。右写真は「菊屋」の堤側の通用口付近からの宇治川。
   abe uji05.jpg

参考 「阿部定正伝」1998年情報センター出版局刊

「上野 阿部定の足跡 坂本町の長屋跡」http://zassha.seesaa.net/article/312996652.html
「兵庫・篠山市 阿部定の足跡 京口新地」http://zassha.seesaa.net/article/313095541.html
「名古屋 阿部定の足跡 中村遊郭」http://zassha.seesaa.net/article/313453094.html
「神田 阿部定の足跡 出生地と小学校」http://zassha.seesaa.net/article/313356355.html
「上野 阿部定の足跡 星菊水」http://zassha.seesaa.net/article/312979470.html
「日本橋浜町 阿部定の足跡 浜町公園」http://zassha.seesaa.net/article/316491763.html
「大津 阿部定の足跡 地蔵寺」http://zassha.seesaa.net/article/316571479.html


【関連する記事】
posted by t.z at 23:41| Comment(0) | 京都kyoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。