2013年12月19日

池袋 I.W.G.P. 国際クジラ・・?

マコト「IWGPってなに?」
マサ「国際クジラ、守る、プロ・・・・」
カオル「ブブー」
テレビドラマを観なくなって久しい。放映を毎週楽しみに待っていたのは、このドラマが最後になってしまっている。現在では、人気脚本家として地位を不動のものにしている「クドカン」(宮藤官九郎) の初の連ドラ脚本担当作品。クドカンのコメディセンスが全シーンに溢れており、疾走感のある構成・組み立てに時間の経過を忘れてしまう。原作(石田衣良)とは別物になっているので、クドカンの脚本版からの引用になります。I.W.G.P.の意味をヒロイン・ヒカルの連れのリカのセリフで語らせたかったが、疾走感ありすぎで、リカは第1話(イチゴの回)で死んでしまう。リカ役の酒井若菜のファンだったので未だにくやしさが忘れられない。せめて3話(みかんの回)くらいまで登場させてもらいたかった。TBSの連ドラ「池袋ウエストゲートパーク」(2000年4月14日〜6月23日 全11話)から池袋周辺の写真です。酒井若菜っぽい子がタイプなので、なんとなく雰囲気の似てるガールズバンド「スキャンダル」のともチャンもお気に入り。女の好みなど余計だ〜 よな。
iwgp01.jpg  iwgp02.JPG
リカ「・・・星がキレイだね」
マコト「見えねえよ星なんか」
リカ「見えるよ・・・・マコトくんの目の中に」
マコト「・・・・」
リカ「バックレちゃう?」
第1話(イチゴの回)のシーン64(カラオケボックス・階段)から 次のシーン(ホテルの室内)では<<リカ、マコトの上に乗ってロデオのようにガンガン攻めている。>>と激しいベッドシーンになるはずだが撮影台本では削除されて、マコトがインポだったことをリカに詫びるカットから始まっている。この2シーンの酒井若菜がイイ、とくにラブホに誘う「バックレちゃう?」のセリフを言うアップのカット。
(左写真)JR池袋駅東口側に設置されている「いけふくろう」 1987年に那須の石材店によって制作 シーン46で登場する・・シュン(山下智久)が工事現場のネコ車にブルーシートで隠して盗んできてしまう マコト「バカ!いけふくろうじゃん!」「いけふくろうは池袋のシンボルなんだぞ(激怒)」 (右写真)ちょっと古めのIWGP
iwgp03.jpg iwgp04.jpg
「真島フルーツ」ロケセット前・・・シーン15の設定は<<西一番街のアーケードの下に仁王立ちしているマコトの母・リツコ>> 放映では母リツコ(森下愛子)が仁王立ちしてマコトの帰りを待っていたのは東池袋4丁目5番の空き倉庫(真島フルーツ)前 店先で東京福祉大学の方向を向いて仁王立ちしている 撮影終了後にこの一帯は再開発され高層ビル「ライズシティ池袋」(豊島区立中央図書館も入居)が建設されている 右写真の手前の樹木付近に「真島フルーツ」のロケセットがあった  
iwgp05.JPG   iwgp06.jpg
脚本版のニンジンの回(第2話)のラストのページ(P98)にイラストマップが掲載(ドラマ設定上の地図)されている 撮影協力にクレジットされているGボーイズの溜り場設定の「トキワボウル」は「池袋西警察」(本物の池袋警察と同じ位置)の近辺になっているが実際は東池袋1丁目のボーリング場(現在は「ハイパーレーン」に名称変更)

*「宮藤官九郎脚本 池袋ウエストゲートパーク」角川書店2003年刊 
【関連する記事】
posted by t.z at 22:34| Comment(0) | 東京北西部tokyo-northwest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。