2013年12月26日

横浜中華街 広東料理 海員閣 小津安二郎の日記から

世界の映画史にその名をとどめる映画監督小津安二郎は、映画制作以外に私的な膨大な日記を文筆作品として残している。1933(昭和8年)1月1日から1963年(昭和38年)8月14日の記入で終るまでの小型手帖・ノート類など32冊をまとめた「全日記 小津安二郎」が刊行されており、その大著のなかから表題の横浜中華街にある「海員閣」について記されている部分を拾いだしてみた(860頁1万行以上のメモ書きに近い日記体のため漏れ多数かも)。小津が「海員閣」に足繁く通っていたような書き方をする文章を散見するが、それほど多くはない。小津が、1936(昭和11)年に創業したこの広東料理店を訪れた日を最初に記したのは、1954年(昭和29年)11月。この日が初の訪問かどうかは全く自信はないが、「日記」を通し読みして「海員閣」の三文字を見出したのは一応この日が最初だ。
ozu kaiin01.jpg ozu kaiin02.jpg
中華街大通から香港路を南側に折れ曲がり、すぐ左側が「閣員海」(右書き表記の看板) 小津安二郎が訪れた時代のままのドアに思える (右写真)1階店内から

「日記」から抜粋
1954年(昭和29年)11月7日(日曜) 十時の電車で東神奈川→八王寺(子) それからバスで野猿峠の鎌田烏山にゆく 野田夫妻 ノン スカ 玲 トラ兄妹 セツの九名 帰り横浜にゆき元町→海員閣による(P423)

1955年(昭和30年)4月25日(月曜) 大株の荘丹(牡丹の牡が荘に)みな花咲く 五時四八分の電車で大船から原田 静夫のる 横浜ゆき 南京町海員閣 茂 吉沢 清水来らず 信濃屋にて(略)(P456)

1955年(昭和30年)6月20日(月曜) 入浴 三時頃 高橋貞二と板橋がくる 契約の相談なり 大船に電話して山内を呼ぶ やがてくる (略)高橋のキャデラックで横浜の海員閣にゆく(P467)

1963年(昭和38年)1月30日(水曜)晴 夕方から横浜 海員閣にゆく 小津組スタフ(ッが無い)の祝賀会 のち 有志とマスカット 帰る(P790)

以上、30年間にわたる日記で「海員閣」の記述を見出したのは4件だけ。小津が横須賀線を途中下車して、中華街方面に出る機会は少なかったようだ。あとは「ホテルニューグランド」の記述が1回あるのみ。逆にいえば、横浜に行けば小津の目的は「海員閣」となるようだ。
ozu kaiin03.jpg ozu kaiin04.jpg
生馬麺(サンマーメン)を好んで小津は注文していた 恐らくこの店の人気メニューのシューマイも食していただろう
ozu kaiin05.jpg  ozu kaiin06.JPG
生馬麺(サンマーメン)の味(醤油味)が、関西風味付けが好みの管理人には濃すぎたので 写真のジャスミン茶に大いに助けられる 右写真は、分厚い「全日記 小津安二郎」 戦前の従軍日記から戦後の小津の生活の隅々まで、様々な角度から映しだされている貴重な資料

海員閣(カイインカク) 神奈川県横浜市中区山下町147
営業時間 火〜土曜11:40〜15:00中休み17:00〜20:00
     日曜・祝日11:40〜20:00
定休日 月曜

参考 「全日記 小津安二郎」1993年フィルムアート社刊 本体価格5000円
posted by y.s at 23:56| Comment(0) | 関東各地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。