2014年01月18日

鎌倉 釈迦堂ヶ谷(釈迦堂切通し) 「澁澤龍彦との日々」から

<<桜も散った春の一日、逗子の友人宅からハイランドを通って、「黄金やぐら」「日月やぐら」「唐糸やぐら」などをめぐり、釈迦堂切通しを経て帰ってきたこともありました。>>澁澤龍子著「澁澤龍彦との日々」の一節より
8年を費やし、最高裁まで争われた「サド裁判」の主役・澁澤龍彦が、北鎌倉に新居を構えたのは1966年(昭和41年)の8月であった。その後、前夫人との離婚を経て、1969年(昭和44年)11月24日に前川龍子と再婚をはたした。逗子の友人宅から、北鎌倉の山ノ内の自宅までの長い道程を歩いたのは、それゆえ1970年以降の春ということになる。澁澤は、1969年10月の「サド裁判」の終結後は、たまの国内外旅行に足を運ぶ以外は、北鎌倉の自宅に閉じこもる生活を送っていた。機会を見付けては、鎌倉の街を取り囲む山々を夫人を伴い巡り歩いていたのだ。
逗子方面から大町6丁目を通り、北側の浄明寺1丁目に抜ける途中に在る切通しが、鎌倉でも最大スケールの「釈迦堂切通し」だ。深閑とした山間に人の声はなく、時たま鳥の囀りが聞こえるだけ。澁澤と夫人が仰ぎ見た「釈迦堂切通し」は、現在も変わらずその姿を保っている。(澁澤夫妻が歩いた年月日は不明、道路の舗装は当時とは変わっているはずだ)
    shakadot01.jpg

shakadot02.jpg  shakadot03.jpg

shakadot04.jpg   shakadot05.jpg
浄明寺側から沢状の未舗装道を上ると、右カーブの先に突然あらわれる素掘りの隧道 そのスケールの大きさにおもわず立ちすくむ (右写真)大町側は通行止めの表示板が置かれている 2013年現在では完全に通行禁止の柵が設置されているようだ 撮影は2009年10月
「釈迦堂切通し」は、映画「ツィゴイネルワイゼン」(鈴木清順監督・1980年公開)のロケ地として登場する 藤田敏八(日活映画監督)と大谷直子が、この切通しで台詞のやり取りをしている 撮影当時の切通しの様子がよくわかるのだ
shakadot06.jpg   shakadot07.jpg
杉本観音(杉本寺)から滑川を越え、釈迦堂(浄明寺)方向に進むと、左写真の説明板に出る 右写真は説明板の場所から釈迦堂切通しへの細い砂利道
   shakadot08.jpg   shakadot09.jpg

参考
「澁澤龍彦 新潮日本文学アルバム」1993年刊
「澁澤龍彦との日々」澁澤龍子(りゅうこ)2005年刊
posted by y.s at 23:31| Comment(0) | 関東各地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。