2016年11月15日

interval(写真日記11月15日 関西旅行からどうにか生還)

名古屋から大津までは順調に経過したが、3日目の山歩きがともなう奈良あたりから体調に異変が現れる。つい通院中の病人であることを忘れて行動してしまった。般若寺(奈良坂)から多聞城址を廻り、二月堂・三月堂から春日大社まで若草山の坂道を上る。これがいけなかった。以降は大幅に予定変更(中国地方・瀬戸内は取りやめ)して、都会のらくちんコース限定(&夜遊び禁止)で、体調と相談しながらの撮影旅行にパワーダウン。
1日3万歩(18キロくらい)は普通だったのに、ちょっとした坂道が含まれると、もうダメ。
2016 11 01.jpg
京都の北郊の山裾は紅に染まって、いまが見頃、撮頃。

今回の撮影旅行でのシャッター回数は2400枚以上に。全てRAW現像なので、また放置臭が漂ってくる。1分で1枚を現像するとして、日10時間を費やしても4日がかりになる。「君の飽きっぽい性格では無理、不可能」と上(天)のほうから声が聞こえてくる。さあ、W杯予選の中継が始まる、相撲の3日分のVTRも見ないといけないし、とりあえず数枚だけ現像して、いそいでアップ。
2016 11 02.jpg
京都祇園の花街健保組合の事務所に貼ってある本物の芸伎さんの写真。
2016 11 03.jpg
京都東山・金剛寺庚申堂。
2016 11 04.jpg
金剛寺庚申堂の御守り「くくり猿」。絵馬と同じ。年齢を誤魔化してはいけない。
2016 11 05.jpg
ニコン一眼仲間のカメラ女子。
posted by y.s at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。