2017年03月18日

奈良 薬師寺から唐招提寺への道 松本清張「球形の荒野」より

近鉄西ノ京駅を降りて数分も歩くと、白鳳の大伽藍(がらん)薬師寺の與樂門(北側門)に至る。
この道が松本清張の長編「球形の荒野」の冒頭シーンに重なる。
<<芦村節子は、西の京で電車を下りた。
ここに来るのも久し振りだった。ホームから見える薬師寺の三重の塔も懐かしい。
塔の下の松林におだやかな秋の陽が落ちている。ホームを出ると、薬師寺までは一本道である。
道の横に古道具屋と茶店を兼ねたような家があり、戸棚の中には古い瓦などを並べていた。節子が八年前に見たときと同じである。昨日、並べた通りの位置に、そのまま置いてあるような店だった。空は曇って、うすら寒い風が吹いていた。が、節子は気持が軽くはずんでいた。この道を通るのも、これから行く寺の門も、しばらく振りなのである。>>
yakushiji&backroad01_Fotor.jpg
(写真)薬師寺の伽藍を吹き抜ける風は、どこか古(いにしえ)の香りがする。白鳳の時代、天武帝の発願により建立(680年11月)された薬師寺が、現在地に移転したのは養老2年(718年)であった。未だ「日本書記」は成っていない。気が遠くなるほどの時が刻まれ続けている。

<<薬師寺の門を入って、三重の塔の下に立った。彼女の記憶では、この前来たときは、この塔は解体中であった。そのときは、残念がったものだが、いまは立派に全容を顕わしていた。
いつも同じだが、今日も、見物人の姿がなかった。普通、奈良を訪れる観光客は、たいていここまでは足を伸ばさないものである。金堂の彫刻を見終わって外に出たのが、ひるすぎであった。
あとの都合で、時間の余裕がないので、彼女は早々に薬師寺を出た。>>
yakushiji&backroad02_Fotor.jpg

<<薬師寺から唐招提寺へ出る道は、彼女の一番好きな道の一つである。
八年前に来たときは晩春で、両側の築地塀(ついじべい)の上から、白い木蓮が咲いていたものだった。
この道の脇にある農家の切妻の家に、明るい陽が照って、壁の白さを暖かく浮き出していた。が、今日は、うすく曇って、その壁の色が黝(くろ)く沈んでいる。
相変わらず、この道には人通りが無い。崩れた土塀の上には、蔦が匍(は)っている。土の落ちた塀の具合も、置物のように、いつまでも変わらないのである。農家の庭で、籾(もみ)をこいていた娘が節子の通るのを見送った。>>
yakushiji&backroad03_Fotor.jpg
(写真)「彼女は早々に薬師寺を出た」、その出た位置から見た唐招提寺への道。この道は、作者松本清張のお気に入りの道であった。昭和56年5月7日の日記(「清張日記」)で、薬師寺から唐招提寺への築地塀が続く道はとてもいいと褒めており、「球形の荒野」冒頭で、「彼女の一番好きな道の一つである。」と芦村節子に託して取り入れている。
yakushiji&backroad04_Fotor.jpg
(写真)「球形の荒野」執筆当時と変わらないままの崩れた土塀。時は止まったままだ。
yakushiji&backroad05_Fotor.jpg
(写真)薬師寺から唐招提寺への道の傍らにある石塊、薬師寺北門址。

<<唐招提寺に着くと、いつの間にか門がきれいになっていた。そういえば、前に来たとき、この門はずいぶん荒れていた。ほとんど柱の下が朽ちかけて、苔のある古い瓦を置いた屋根が、不安定に傾いていたのだ。しかし、あのときは門のそばに山桜が咲いて、うすく朱の残った門柱の上部にそれがよく似合い、ふしぎに「古代の色」といったものを感じさせたものだった。>>
yakushiji&backroad06_Fotor.jpg
(写真)薬師寺からの道は唐招提寺に突き当る。右折すると唐招提寺の南大門が見える。

「球形の荒野」オール読物 昭和35年1月〜昭和36年12月連載
「松本清張全集6」文藝春秋社1971年刊より抜粋
参考 「古寺巡礼 奈良 薬師寺」淡交社1980年刊

松本清張リンク
京都 円山公園 いもぼう平野屋本家 松本清張「球形の荒野」よりhttp://zassha.seesaa.net/article/322024530.html
posted by y.s at 00:48| Comment(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。