2013年03月02日

九段 戒厳司令部(軍人会館)(2・26事件) 

今回は、2月26日午前5時に一斉に決起した皇道派青年将校の指揮する各部隊が目標の襲撃を終えて永田町を中心にした国家中枢機関を占拠し緊張の内に夜営に入った時点からです。場所は翌未明に戒厳司令部が設置された九段・軍人会館で、そこを中心にした動きです。新聞記事の紹介が中心になります。

1936年(昭和11年) 
2月26日 
午前8時 内務省警保局が電話により各新聞社に事件に関する記事掲載を全面禁止通達。
午前9時頃 川島陸軍大臣が宮中に参内し事件を奏上。
正午 陸軍軍事参議官が参内。
午後3時 東京警備司令官・香椎浩平中将は第1師管に戦時警備を命令(決起部隊の占領地域も含む)。
午後3時20分 「陸軍大臣ヨリ」を告示。
午後7時 ラジオ放送が東京に戦時警備令の発令を知らせる。
2月27日
午前2時40分 枢密院が戒厳令の施行決定。
午前3時50分 帝都=東京市に戒厳令公布。東京警備司令官・香椎浩平中将が戒厳司令官に、参謀本部作戦課長の石原莞爾大佐が戒厳参謀に任命。当初の司令部は三宅坂。
午前4時40分 戒厳司令部より「戒作令第1号」下令。  
午前6時 戒厳司令部が九段・軍人会館に移動。
午前8時15分「戒厳司令部告諭第1号」発表。
午前8時20分 天皇が参謀本部から上奏された奉勅命令を裁可(発令は28日未明)
午前10時30分 九段坂上の偕行社に軍事参議官らが川島陸相と協議に。真崎大将に決起将校より連絡入る。
kudan01.JPG kudan02.jpg
九段坂下交差点南側の「軍人会館」(現在は九段会館)(右写真)北側駐車場側のホール玄関
kudan03.jpg  kudan04.jpg

2月27日
午後2時〜3時(午後5時証言も有り)皇道派トップの真崎大将に2名の軍事参議官が同行し陸相官邸で決起将校と会見(栗原中尉・林少尉を除く)。軍事参議官3名は偕行社に戻る。  
午後4時 東京湾台場沖に海軍の戦艦「長門」を始めとする40隻の艦隊が終結し砲門の標準を永田町一帯に。
夜 決起部隊は宿営命令に従い各拠点に。本部は鉄道相官邸に設置。
午後8時30分 香椎中将(戒厳司令官)が宮中に参内し28日夕刻までの解決を奏上。
<27日、本庄侍従武官長は天皇に決起将校の精神だけでも認められないかと奏上してますが、「朕ガ股肱ノ老臣ヲ殺戮ス此(かく)ノ如キ凶暴ノ将校・・・」との返答。老臣らを殺害された怒りから徹底して「凶暴ノ将校」・・「暴徒」(川島陸相への返答)と言い捨てて繰り返し早急な鎮定を催促しています。>
kudan05.jpg  kudan06.jpg
地図の軍事参議官らが拠点とした偕行社本部は軍人会館から九段坂を上った所 現在は道路向かい側の堀端に移った常燈明台が戦前はこの偕行社の前庭に設置されてました
 kudan07.jpg     kudan08.jpg
九段の戒厳司令部となった軍人会館(現・九段会館)の柱脇で直立して警備に当たる憲兵の写真はほとんどの2・26事件関連の書物に掲載されていますが右写真がその柱。左の新聞記事にも柱写真が載ってますがどうも別の場所っぽい?(柱左上奥の天井は同じよう)・・似たような意匠の柱が各玄関に存在してるので特定が難しいです。
続きの写真を全て見る
posted by y.s at 23:44| Comment(0) | 九段・竹橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする