2012年09月12日

麻布十番 元AKB・前田敦子の「カラオケ合コン」現場

「週刊文春」2012年9月12日発売号で、元AKB前田敦子とAKBメンバー大島優子・仲川遥香の3人が「カラオケ合コン」スクープされた麻布十番の現場カラオケ店です。
当初は新宿が現場なのかと思いましたが、写真集発売イベント終了後にスタッフと新宿から六本木に移動し、出版社関係者・秋元氏らをまじえての打ち上げが行われたようです。23時30分頃に打ち上げ終了・・・あっちゃんは麻布十番に独自に移動しカラオケ店に入店・・という流れだったようです。大島ら5人とここでおち合ったのかは不明ですが、仲川遥香の当夜(9月4日)のググタス更新時間の23時には自宅(自分の部屋か前田の部屋かは不明)に帰りついていたという内容を信じると、24時くらいにこの場所に集合したと考えられます。JKT48の仲川遥香(プロダクション尾木所属20才)はメンバーのなかで最も前田とべったりで(高校時代から同級)、最近は前田の部屋にいることが連日のようだったようです。
27時10分(午前3時すぎ)頃にカラオケ店前で写真を撮られたので約3時間の「カラオケ合コン」(男女3対3)。・・・この前後は週刊文春のコピーになるので省略。男の素性や大島優子の行動については文春誌上でチェックしてください。それにしてもあっちゃん遊び慣れてないようで・・十番や西麻布などで夜遊びするとボロボロにされそう。大島と元はるごんはお付き合いしたという感じで酒もそれほど飲んでないようです。
juban akb01.JPG  juban akb05.JPG
   あっちゃんの宣伝ボードと「るろうに剣心」が仲良く並んでいる・・偶然発見
   右は公開中の映画館で・・主演・佐藤健(たける23才)とヒロイン・武井咲
juban akb02.JPG juban akb03.JPG
   1階はカフェレストランで2階がカラオケ個室 バスルーム・トイレ付きの個室も有り 
   右は2階のカラオケ個室からの非常階段 あっちゃん泣きながら佐藤とズリズリおりる
             juban akb04.JPG
    週刊文春グラビアページ・・泣きべそのあっちゃんと大島優子がこの場所に

 *「AKBメンバー週刊文春にスクープされたカラオケ店」の修正・写真追加です。
「週刊文春」2012年9月12日発売号を参照してます。記事冒頭で再び誇示するように「文春はガチ」宣言してます。他のメディアではまずAKBの裏やマイナス面を発表できないので・・テレビでは一言足りと話題にさえしてないのでは・・・映画「るろうに剣心」これでますます増収確実!
「元はるごん」こと仲川遥香は前田の世話で明け方まで大変・・翌日昼にはあきちゃと寿司ランチ、元気者だ(実パパが元プロレスラーのせい?)・・JKT行きもからんで運営側の点数もアップ・・名前も売れたし、待遇アップも期待出来る。

だけど同日発売の「週刊新潮」のAKB記事はお粗末。ネットにかなり以前から転がっているネタをコピペしたような内容。「48」のイワレなど検索すると腐るほど出てくる。せめて「48」の取締役I氏の父君のビルの話題でも書けば面白いのに(これもネットに転がってるけど)。シリーズ記事のようなので、これから「48」暗部にまで迫ってゆけるのでしょうか。「シュシュ」とか「ダイヤモンド」(曲のタイトルですぐ想像できる)・・西麻布のI氏の関連ビルに入居していた(今もしている)お水系の店名・・秋元氏もこの頃出入りしていてイメージが強く残っていたのでしょう。総選挙のアイデアもキャバ嬢・ホステスさんの指名獲得数競争からのヒントを得たといわれている。このビルの前通ると「大声ダイヤモンド」の珠理奈の「麻里子様〜!」と叫ぶ声が管理人には聞こえてくるし、海老蔵のK連合に追われてI氏の関連ビルの非常階段から逃げおりる姿も浮かびあがってくる。そういえば、あっちゃんと一緒だった佐藤健もこのビル内の店の常連だよという声も・・・。
 *「シュシュ」は現在も営業中。「ブラック・ダイヤモンド」は閉店。「48」経営のとんかつ屋(「いまかつ」)が、六本木の松井玲奈所属の事務所(泣く子も黙るバーニンググループ)の向かい側奥で営業中(ランチもやってて合格点です・・管理人2回食事にいってます(黒基調の内装で落ち着く)・・食べログとかに載ってるけどAKB関連とは知られてない)。

 六本木 cafe FRANGIPANI(前田敦子が座った席に)     http://zassha.seesaa.net/article/312086837.html
*臨時:interval(写真日記7月23日 本日発売の「週刊文春」はスルー)(前田敦子交通事故現場)http://zassha.seesaa.net/article/422883782.html
posted by y.s at 16:16| Comment(0) | 麻布十番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

鳥居坂 故・ZARD坂井泉水 献花追悼(所属事務所ビーイングで)

2007年(平成19年)5月27日に慶應義塾大学病院で急逝したZARDのボーカル坂井泉水(本名・蒲池幸子)さんに関して、翌28日、所属事務所が公式コメントを発表した。以下、全文。
<<ZARDファンの皆様ヘ 弊社所属アーティストであります、ZARDのボーカル/作詞家、坂井泉水が、本日、5月27日15時10分、不慮の事故による脳挫傷の為、永眠致しました。
坂井さんは、昨年7月、子宮頸癌を患い、都内某病院にて、入退院をくりかえしながら闘病生活を送っておりました。摘出手術により、一度は快方に向かっておりましたが、子宮頸癌の肺転移が認められ、今年4月に再入院を余儀なくされました。主治医及び病院関係者の治療のおかげをもちまして、ここ最近は、早朝に病院の敷地内を散歩するまでになり、気丈にも体調回復のための日課としておりました。この日も病室に戻る途中、階段の踊り場(約3メートルの高さ)を通った際、前日の雨により足を滑らせて転落、後頭部を強打したことが、要因となりました。
これまでZARDを応援して下さった皆様に深く感謝し、いつまでもZARD作品が、皆様の心の中に生き続けることを願っております。
2007年5月28日 ビーイングスタッフ一同 >>

発表後、所属事務所ビーイングのオフィス(自社ビル)1階ロビーに遺影と献花台が置かれ、関係者や多くのファンが次々と追悼に訪れている。玄関前の駐車場には記帳所が設けられ、来訪者一人ひとりに事務所スタッフが丁寧な応対を繰り返している。
09 zard sizumi 07 5 29.JPG  10 zard sizumi 07 5 29.JPG
遺影と献花台が設けられた所属事務所ビーイング本社 所在地は港区六本木5-14-35 ビーイング鳥居坂ビル 最寄駅は地下鉄麻布十番駅 鳥居坂下信号から急勾配の鳥居坂を上りきったところ 国際文化会館正門の向かい側
11 zard sizumi 07 5 29.JPG  12 zard sizumi 07 5 29.JPG
左写真)ビーイング鳥居坂ビルの玄関を入った正面に遺影 (右写真)記帳台
*2007年5月29日撮影・記。 

<追記>ビーイング本社に設置された献花台は、4日間の予定であったが、6月3日(日曜)の20時まで延長されることになった。受付開始は10時から。また、6月27日(水曜)に「ZARD坂井泉水さんを偲ぶ会」を青山葬儀所にて行なうと発表されている。
一般の「偲ぶ会」を前にした6月26日(火曜)に関係者(芸能・文化人ら)限定の「ZARD/坂井泉水さんを偲ぶ会」が音楽葬として催された。翌日の一般向け「偲ぶ会」には4万余名が追悼に訪れたという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<追記>ビーイング鳥居坂ビルでZARD坂井泉水に関連したイベントが開催される
2012年2月10日〜4月1日 My Best Shot展 
   4月4日〜5月31日 Request Best Shot展   
    休館 月曜・火曜(祝祭日の場合と5月28日及び29日は開館)
    入場料 一般1000円  
以下、ビーイング公式HPより
<<ZARD 20周年のフィナーレを飾る「ギャラリー」が東京・六本木にオープンします。デビュー21年目を迎える2012年2月10日から5月末日までの期間限定で、数々の思い出の写真や衣装、プライベート・グッズなどを展示したギャラリーです。前半は「My Best Shot展」と題し、ZARDの歴史を感じる代表的な写真の数々を、そして後半は「Request Best Shot展」と題し、ファンの皆様のリクエストによって選ばれた人気の写真を展示していきます。また、CDや記念グッズの販売もございます。会場 ZARD GALLERY ビーイング鳥居坂ビル>>
zard2012 01.jpg zard2012 02.jpg
(左右写真)イベントに向けデコレートされたビーイング鳥居坂ビル 以前はあった社名入りのオブジェが撤去されている(車両の出入りに邪魔なようだ)

坂井泉水リンク
信濃町 ZARD坂井泉水 逝去 http://zassha.seesaa.net/article/44471462.html
posted by y.s at 01:24| Comment(0) | 麻布十番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

麻布十番 3116 GALLERY CAFE (カフェは閉店) 

麻布十番の二の橋交差点に近い路地で、木梨憲武・安田成美夫妻が経営するカフェ「3116 GALLERY CAFE」。店名3116は住所「麻布十番3-11-6」から。
1階はフラワーショップで、その横に「3116 GALLERY CAFE」(3116GALLERYビル)のエントランスがある。各階ごとに異なるカフェ空間を作り上げていて、婦人服・雑貨の展示販売コーナーも設けている。
撮影2006年4月。
3116 GALLERY CAFE HP http://www.3116gallerycafe.com/
*2007年5月をもってカフェ営業は終了。ギャラリーとして営業中。木梨憲武氏のアトリエ兼用。
3116gallerycafe01.JPG 3116gallerycafe02.JPG
(左写真)3116 GALLERY CAFE(右のビル)奥は仙台坂。左方向が二の橋(仙台坂下)。 (右写真)1階のフラワーショップ。
3116gallerycafe03.JPG  3116gallerycafe04.JPG
カフェ名「3116 GALLERY CAFE」の3116は住所から(麻布十番3-11-6)  
3116gallerycafe05.JPG  3116gallerycafe06.JPG
営業時間11時〜19時
3116gallerycafe07.JPG 3116gallerycafe08.JPG
(左写真)1階エントランス部分 (右写真)2階フロア。
3116gallerycafe09.JPG 3116gallerycafe10.JPG
(左右写真)3階フロア。
3116gallerycafe11.JPG 3116gallerycafe12.JPG
3階フロアは壁面の展示絵画数がもっとも多い。大テーブルは意識的にペイント。
3116gallerycafe13.JPG  3116gallerycafe14.JPG
ランチタイムのカレーセット1000円(オーガニックコーヒー付)。15時まで。
3116gallerycafe15.JPG  3116gallerycafe16.JPG
(左写真)3階の小部屋に置かれたスタッフデスク。 (右写真)3階南側の窓から仙台坂を望む。 
3116gallery01.jpg   3116gallery02.jpg
(左写真)カフェ営業が廃止され、壁面から「CAFE」の文字が削られている。 (右写真)ギャラリー然としているエントランス部分。 左右写真とも2012年1月撮影。

タレント・木梨憲武氏による「木梨憲武展x20years INSPIRATION 瞬間の好奇心」が2014年5月20日(火曜)〜6月8日(日曜)まで上野の森美術館で開催されている。開館時間10時〜17時(金・土曜は19時まで)。木梨氏は、過去7回に及ぶ個展を開催してきているが、今回は絵画・ドローイング・オブジェなど328点の作品群を展示している。開催準備にあたり、妻の安田成美さんが全面協力している。
3116gallery2014 5 20 01.JPG   3116gallery2014 5 20 02.JPG
入館料は、一般・大学生1300円、中高生=700円。
3116gallery2014 5 20 03.jpg   3116gallery2014 5 20 04.jpg
公式HP http://www.kinashiten.com/

小田急線祖師谷大蔵駅北口の祖師谷大蔵商店街で1961年に創業した「木梨サイクル」のグッズが、原宿(神宮前6丁目)でも入手できる。期間限定で帽子ブランドショップ「オべりド」とコラボして商品展示している。撮影2015年。
   3116gallerycafe2015.JPG

*木梨憲武氏関連の情報を、写真が撮れ次第ここに追加予定。
posted by y.s at 00:52| Comment(0) | 麻布十番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする