2014年02月10日

新宿 歌舞伎町 スカラ座(旧)

かって新宿・歌舞伎町で営業していた名曲喫茶「スカラ座」の写真をひっそりと公開。ネガフィルムの台帳(ネガ保存ケース)をチェックしていたら「喫茶王城」(現在はカラオケビル)が写った数コマの隣に「つたの絡まる窓枠」の画像を1コマだけ発見。窓枠だけですが「スカラ座」なのです。
「スカラ座」は新宿区歌舞伎町1-14番の角地で、1954年(昭和29年)春にオープン。つたに覆われた2階建ての名曲喫茶は多くの常連客に親しまれ、48年間にわたり支持されてきたが、建物の老朽化等により2002年(平成14年)12月末に惜しまれながら閉店している。周辺のジャズ喫茶などはよく出入りしていたが、「スカラ座」の記憶は残っていない。2階の東側の窓際席に座ったこの時の1回だけの訪問だったと思われる。
       scala01.jpg
「スカラ座」の窓から見た「喫茶王城」 屋上のネオンロゴは「王城ビル」に変わっている
scala02.jpg  scala03.jpg
(左写真)現在の「スカラ座」跡 (右写真)閉鎖の翌年(2003年)10月に新宿西口地下に移転し再オープン 小田急エース北館の地下1階です
       scala05.jpg

scala04.jpg   scala06.jpg

posted by y.s at 11:43| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

新宿 淀橋浄水場(更地直前のレンガ壁) 

1965年(昭和40年)3月31日に正式に廃止された「淀橋浄水場」が、更地に整備される直前の写真です。新宿副都心建設計画の区画整備と新道路は建設されていて、高層ビル予定地に浄水場のレンガ壁などが未だ残されている状態(1969年と推測=写真は管理人個人所有)での撮影です。高層ビル群は1棟も完成しておらず、唯一「京王プラザホテル」が建設中だった時代です。
    yodobashi p p 01.jpg
現在の新宿住友ビル(通称三角ビル)予定地付近から南方向・・奥に文化服装の円筒形校舎が見えます 斜面は浄化沈殿池(名称?)の盛土
    yodobashi p p 02.jpg   yodobashi p p 03.jpg
(左写真)浄水場の内側(手前が赤レンガ壁)から見た建設中の京王プラザホテル (右写真)新宿駅(小田急デパート)方向からの浄水場
yodobashi p p 04.jpg   yodobashi p p 05.JPG
かっての淀橋浄水場正門付近に置かれている跡碑・・赤レンガの色をイメージしているのかな

posted by y.s at 23:02| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

新宿 歌手・藤圭子 終焉の地


   yume-ha-yoru01.JPG
        撮影2009年7月(新宿歌舞伎町)
   yume-ha-yoru02.JPG  yume-ha-yoru03.JPG

yume-ha-yoru04.JPG  yume-ha-yoru05.jpg
(左写真)中央に残る痕跡・・藤さんの転落死現場 (右の石碑)撮影2008年5月(新宿抜弁天)
新宿区出身の作詞家・石坂まさを氏は2013年3月9日に死去。
藤圭子(本名・阿部純子)さんは2013年8月22日に62歳で死去。
1969年、もっとも暗かった闇の時間から抜け出せないで、未だ彷徨っていた新宿の街の暗がりから聞こえてきた怨歌・・2013年、あの暗い時代に引きずり込まれるように去っていったように思えてならない。
you-tubeから「藤圭子 圭子の夢は夜ひらく」 http://www.youtube.com/watch?v=PpRthIn_IvM 1970年「紅白」から(藤圭子19歳・リリース時=1970年4月25日は18歳)
posted by y.s at 23:03| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

新宿 文化服装学院の円筒校舎(解体)

今回の古いモノクロ画像は、廃棄する前にチェックした8ミリフィルムから偶然見つけた建物・・文化服装学園のシンボル・円筒校舎。当時、文化服装に通っていた画面の彼女(同じ文化服装に通っていた仲の良かった女のそのまた友達)にお願いされて(何のためだったかは忘れた)学校の周囲などを8ミリカメラで撮ったもの・・それを映写してデジカメで撮影したものです。映写機がポンコツでやっと白紙に投影したのでこれがせいいっぱいの画像。おそらく新宿西口公園からの円筒校舎の遠景と文化服装の入口付近で体育(?)の授業で走っている皆さん。そして「中も行くよ」と学内に入ってゆく彼女・・続いて円筒校舎の1階(?)付近の映像があらわれて来るのです。
当時(管理人20歳)は新宿(=若者文化の頂点だった街)で知り合う女はやたら「文化」の子が多く、その内の1人と一緒の時に別のとばったり出くわすと「何で?何で知ってるの?」(顔見知りだった)ということも(クラス数が少なかったのかなぁ)。すぐ振られるのでしかたなく次の女に・・けして遊び人ではなかったのです。
その10数年後に婦人服関係の仕事をするとは思ってもいなかった頃です。文化学園グループの「装苑」に打ち合わせか何かで訪れた時には、もしかして知ってる奴(女)がいるのではと少々挙動不審気味に周囲をうかがうことに。
shinjuku bunka01.jpg shinjuku bunka02.jpg

shinjuku bunka03.jpg shinjuku bunka04.jpg

以下は現在(2008年頃)の文化学園の画像です
  shinjuku bunka05.jpg  shinjuku bunka06.jpg
西新宿の甲州街道に沿って文化学園の高層ビル群が壁のように立ち並んでます 手前が文化クイントビル・・奥の文化大学ビルの南裏側も文化学園関連の建物で占められてます ビルの1階には文化学園服飾博物館も・・

現在、文化学園グループは世界でも屈指の服飾学校に発展しています。
1936年(昭和11年)文化服装学院と改称。1957年(昭和32年)に男子を受け入れ開始。婦人雑誌「ミセス」を創刊。1964年(昭和39年)になり文化女子大学を設置。そして画像の円筒形の校舎が1964年(昭和39年)に完成。文化出版局から「装苑」を創刊。
名古屋の項目に出てきた女(学生時代にバイトで来てくれていた=管理人の婦人服会社に)が文化女子大の卒業生。この学園出身者はキラ星のように世界で輝いてます(高田賢三・山本耀司・コシノヒロコ&ジュンコ・津森千里・甲賀真理子・・ピーコも文化出身)
            shinjuku bunka07.JPG
バインダーに当時の装苑モードの方の名刺が残ってました・・取引先だった婦人服会社などです・・無くなった会社多いです(管理人は服飾関係の学校にはついに行きませんでした)

posted by y.s at 22:24| Comment(1) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

新宿 西口 モザイク通り(今・昔) 

新宿駅西口を出て(地上から)左に・・小田急百貨店と京王百貨店の間を甲州街道方向に抜ける通路「モザイク通り」の今と昔。管理人19歳の頃のシリーズ第?弾目。この頃の写真はほとんど全てに当時の女が写っているものばかり。風景重視でお願いします。
「モザイク通り」って当時からの呼称なのかは不明。広々とした通路の舗装はモザイク模様のタイルで覆われています。現在は張替えられて単純な普通の四角いタイルに変わっていて、しかも左右の壁がせり出すように売場が増設されて、かなり狭い通路になってしまい昔の面影は無くなってます。
   shinjuku moz01.jpg  shinjuku moz02.jpg

   shinjuku moz03.jpg  shinjuku moz04.jpg
19歳になった頃に通学が大変だったので超オンボロアパートを自力で借りた時、最初に部屋に来たのが写真の彼女S(同年齢)・・あまりのすごさに2度と来ることはなかった・・場所はなんと原宿(竹下通りには当時、店舗が少々あったくらい)でトルコ大使館の真裏の路地奥の木造2階建て・・風呂はもちろん無くトイレ・水道も共同・・野宿するよりはマシとかと周囲には言っていたのだが、内心は初めて持った自分の部屋だったので「うれしい」に浸っていたのです
shinjuku moz05.jpg shinjuku moz06.jpg
最上段左の写真と同じ位置 同じ場所と思えない 年末は恒例のイルミネーション
 shinjuku moz07.jpg  shinjuku moz08.jpg

posted by y.s at 23:02| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

東新宿 元AKB48指原莉乃 元彼と宿泊したビジネスホテル

以下の内容に関して当ブログ独自の取材らしきものは一切無く、全て「週刊文春」に拠ってます。
参考 週刊文春「AKBオタの元カレが告白! “会いに行けるアイドル”指原莉乃との恋」http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1465 
この記事に関して指原さんは「本当でないことも多くある」とコメントしてます。何処が本当でないかは不明。
文春ネットに全文公開されているので興味ある方はどうぞ。

(最下段に追記で指原やHKT脱退メンバーには「えぇ〜」と言わざるを得ない運営側の<えこひいき>判断が2012年9月11日夕方に文春ネットの速報で出たので加えました。)

2008年夏〜2009年秋まで月に1〜2回、上京して同居していた母親の目を盗んで中野区内の2Kのマンションで平日の昼間にファンの高校生とデートしていた指原。 
「お互い経験もないしエッチまで4カ月かかりました」・・・2008年の11月か12月頃のことか・・・で、その後のことだと推測しますが「お泊りはたった1回、東新宿駅前のビジネスホテルだった」。文春の記事ではそのホテル名までは記述されてません。2008年末現在で、都営と副都心線(明治通りは工事中)の交差する東新宿には2つのビジネスホテルが営業。「ラブホテルはお互い高校生だしヤバイと思いやめました。自分が先にチェックインして、そのあと彼女がこっそり部屋にきました。ここでも周囲を随分警戒してました」・・・歌舞伎町側のラブホ密集地に近いホテルが「イーホテル東新宿」(2008年8月8日オープンで当時はピカピカ)。その対角の東側が「サンルート東新宿」(2007年10月に管理人が泊まったので確実に存在していた)。さあ、どっち? (どちらでもいいんだけど・・管理人は「イーホテル」のダブル=12600円に1票投票・・ん〜高校生には高いかな・・でも平日には30%くらい割引があるんだし・・)
この頃には「恋愛禁止」条項も設定されていたはずで、指原も充分に認識していて隠れるように行動。「バレなきゃいいんだよね」と自分に言い聞かせる指原が眼に浮かんでくる。指原が中野のワンルーム(独り暮らし)に引っ越したのは、別れた後の2010年になってからなのだろうか。「元カレの告白」には続きがあって、別れた後に別のファンと付き合ったはず・・・指原が必死に「間違いが多い」と指摘したのはこのことなのだろうか?
eshin hote01.JPG eshin hote02.jpg
  イーホテル東新宿の隣りにある地下鉄出入口   地図は右下方向が西で新宿繁華街        
 eshin hote03.JPG   eshin hote04.JPG
    正面白いビルがイーホテル東新宿         高層のサンルート東新宿

AKB48は指原莉乃でできている(いつ復帰しても直さなくてもいいようにAKBにしておく)!!・・・普通の身近にいそうな女の子が、切磋琢磨してアイドルを目指す姿を「会いに行ける」劇場でその成長過程をもファンに見てもらう・・・秋元氏の考案したプロジェクトコンセプトを、指原は自らの身をもって見事にまで体現している・・アキバに劇場を設定した意味をも含めて(パチンコメーカーの資本導入も含めて)。オタク度ナンバーワンだし、一生懸命さ・優しさが過ぎての失敗談の数々・・・実際「バレなきゃ」よかったのだが、ばれた後の対応も指原らしい。ヴェールの向こう側で微笑む存在だった過去の芸能アイドル・・・それを打ち壊すコンセプトを考えた秋元氏・・・その枠さえ突き抜けてゆこうとする指原。その指原に質問がひとつだけ可能なら「東新宿のホテルにいった時の服装は?・・ジャージー?」と聞いてみたい。

 *HKT脱退メンバー古森結衣14才の続報記事が「週刊文春」今週(9月13日号)号に掲載されてます。が、AKB前田敦子卒業ドーム公演のムック本がしっかり文芸春秋社から発売中で、「週刊文春」にも広告。敵対関係にあるはず・・・おいおいです。秋元氏の(株)秋元康事務所は文芸春秋社とお隣り同士・・入居ビルは秋元康事務所のほうが高層で見下ろしている。くっついていて仲良さそうだな。(まだ所在地は紀尾井町?アキバのオフィスは利便性のため?)
運営のAKSは先日(9月2日)、握手会・写メ会が開催された湾岸のビッグサイト(国際展示場)の西隣りのビルに入居していて都心からは遠方に感じます。投票券・握手券(CDなどがおまけに付いてくる)を問題視する考えが散見されてますが、今回の写メ会(抽選制)はメチャ楽しそう。ツーショット時の接触は指だけなどと禁止事項が設定されていたようですが、サービスを心得ているメンバーも多く(今回の1位は山内鈴蘭?)固定ファンの気持ちをしっかり掴み続ける努力をしていたようです(判りやすくいえば密着サービス・・写真に残せたらファンはうれしいよね)。


「AKB48まとめんばー」にその写メ会の画像がアップされてます
   http://akb48matome.com/archives/51840143.html
圧倒的企画力1位はメンバーのスカートを覗こうとしている<452> 是非見てください 参加したくなってくる 数秒の握手会と違い画像が残せるので年賀状・カードなどに幅広く活用できるし!!
参加できたら 智美に踏みつけられてる自虐ポーズを希望 OKもらえるかなあ
AKSさん・・東京ドームで大写メ会開催したら!! 空前の300万枚くらい写メ券売れそう!!アキバじゃ普通にメイドさんと800円で可能なんだし・・・
 *注 「!!」のダブルはAKBを半分支えているパチンコメーカー京楽産業のマークです


 *追記 2012年9月11日
HKT脱退メンバーや指原には「えぇ〜」と言わざるを得ない運営側の<えこひいき>判断がでてます。
ネタ元・・9月12日発売予定の「週刊文春」のAKB関連スクープの文春ネット速報です。
 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1783
あっちゃん泥酔して泣いてます!9月4日(火曜)の新宿サブナード地下街の福家書店での写真集発売イベントの後に「秘密の合コン」が3対3でセッティングされ、文春の「あっちゃん号泣」の写真スクープになった次第です。あっちゃんは卒業済みで、別に泥酔号泣・お姫様だっこでお持ち帰りだろうとお好きなようにすればいいのだが問題はAKB所属の残る2人。メールのやり取りだけで首になってるメンバーも出てるなかで、男とカラオケパーティ。2人とは大島優子と仲川遥香。2人とも20才は越えており飲酒は問題はないが、取材に対し運営側は「合コン」を執拗に否定。同人数のプライベートなカラオケ飲酒パーティって普通は文春の言う「合コン」って言うよね。
カラオケ店の場所など不明ですが、他のメディアはお達しとかでそれほど突っ込んで騒げないので文春の一人舞台になりそう。
指原の東京復帰がこれで加速決定! 豊川稲荷で天狗になったこと反省したばかりなのに、またさっしー天狗が堂々の凱旋だな。大島優子とバトンタッチ交代で指原が東京に戻るというシナリオです。これってAKS(=秋元)が裏でこっそりと「波乱万丈なAKB物語」を演出してるのか疑ってしまうほどの展開(もちろん「文春」と密約で)。
先程よりあっちゃんが泥酔したカラオケ屋を捜してるが、アップされてる写真の背景では無理。たぶん新宿だと予測しますが・・・。
仲川遥香は4日の23時には一人暮らしの部屋に戻って「疲れたー」とググタス更新。「やっと家着いたけど洗濯やら掃除やら。一人暮らしは大変です」と続けてますが、疑り深く言えば何処で更新したかは?・・・。翌日5日の昼ごはんはJKT行きを同意したあきちゃと一緒に寿司ランチ。
   「」内は仲川遥香のググタスからの参照。部分抜粋23時01分更新分より
大島優子はググタス更新少なくドーム公演前の更新がラスト。以降無し。ブログのほうが興味ある記事あり。前日の3日もあっちゃんと焼き鳥屋にhttp://ameblo.jp/oshima-y/day-20120903.htmlいったみたいで連日の仲良し状態だったことがわかる。4日はブログの更新なく、次は5日の夕方更新。
戸賀崎氏の今夜のググタスは18日に迫った「じゃんけん大会」のことだけ。
ーーーーあとは明日発売の「週刊文春」を立ち読みでなく購入を!

 *追記 以前からAKBのディープじゃないファンだとこのブログでも書いていますが(1推し智美、2推しがタコヤキこと有華&従ってなんとなくチームB全体推し)、推しの理由も非常にいい加減。智美はエロい甘ったるい声、にゃもしさんは2才で死んでたのに元気にAKBにいる・・・他にはこれといった理由無し。まもなくチームBも解体・・・そこで非常に気になるのが<1+2=Nなっち>さん! 2期メンバーで唯一、可哀相に一度も・・書くのも気が引ける。過去4回とも圏外・・AKBのなかで不細工枠に入ってるわけではないし・・指原よりかわいいと思うし(個人の感想)・・時々考えてしまう、何故? 
表参道の大手ナベプロ所属でTBSの「ひるおび!」天気メンバーだし・・なんか目立たない・・Nなっちという名もハロプロに遠慮してるし・・いっそ「Eなっち」に変えたら!(もちろんエロなっち)・・だめか、SKE佐藤聖羅に胸のあたり比べようもないし・・・☆すいません☆Nなっちの実家☆管理人の住んでるところから近いのです☆お隣りのレストランにご飯にも☆・・・
これから佐藤夏希を強力推ししようかな・・当ブログでは非力すぎて弱り目に祟り目・・ところで夏希さん、左目の真っ赤な充血治りましたか?(これが言いたかっただけ・・2週間前は本人も言ってたグロいほどのウサギの目) 4回連続総選挙圏外なんてAKB七不思議のひとつ。ぽっと出の地方の研究生にも後塵。あとの六不思議は詳しい皆さんにお任せ。けっこう秋元氏もいい加減だから忘れられてると思うので一発マジで改名「Eなっち=エロなっち」にしてみんなに電気ショックを!(チームシャッフルだしいい機会・・というか最後の機会) とりあえずユニット曲「おしべめしべ」で大堀めーたんのパートをやってみたいと大声で挙手(珠理奈のように元気に)!周りの反対押し切って衣装はスク水(スクール水着=めーたんが日比谷野音でやったマネ)・・・これで来年は50位くらい確定。あとはナベプロのあと押しで上昇気流に乗って・・・。 


posted by y.s at 19:22| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

新宿 AKBグループ153名等身大ゲームソフト宣伝ポスター

8月27日から新宿・メトロ丸の内線新宿駅のホームの真上の地下通路南西側の壁にAKBグループ153名のほぼ等身大の写真ポスターが展示されてます。AKBの巨大広告は珍しくないですが、等身大で前後の立ち位置が少し違うくらいの横一列の長大ポスターは通行人に強烈アピールしてます。初日の午前中に撮ったのですが、早くもファンが集まり推しメンと記念撮影。AKBは女性ファンも多く携帯でかわるがわる撮りっこ・・前田敦子が卒業最終公演日で一番人気かと思いきや誰もよりつかない。バンダイナムコ発売のシリーズ最多の153名との「恋愛妄想」ゲームの宣伝ポスターです。展示期間は1週間で9月2日(日曜)まで。女性ファンがかなりいるとの噂の劇場支配人戸賀崎氏も出演すれば売り上げ増加・・?!。
shinjuku AKBpos01.JPG shinjuku AKBpos02.JPG

shinjuku AKBpos03.JPG  shinjuku AKBpos04.JPG
 3パーツに分割展示 最初はSKE あごが刺さりそうなカツオを拡大(中央ガッツポーズ)
shinjuku AKBpos05.JPG shinjuku AKBpos06.JPG
   中央にSKEの中核メンバー珠理奈と玲奈
<続きあります>
続きの写真を全て見る(クリック)
posted by y.s at 22:29| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

新宿 映画館 アンダーグランド蠍座(さそりざ)跡

新宿3丁目の明治通り沿い、高島屋の向い側にアートシアター新宿文化ビルがありました。
そのビルに向かって右側の路地を入ったところに地下に降りる入口があり、そこが
アンダーグランド蠍座(サソリザ)だった。
現在、そのビルの上階には角川シネマ・シネマート新宿などの映画館が入居しています。
時代の最前線の街だった新宿を象徴する場のひとつであった蝎座の狭い地下空間では、
アングラ映画・前衛演劇が上映上演され、たまに歌手が舞台に立つ企画もありました。

shinjuku sasori01.JPG shinjuku sasori02.JPG

shinjuku sasori03.jpg shinjuku sasori04.jpg
   元妻だった人の後ろの壁に蠍座の文字 
続きの写真を見る Article of the continuance
posted by y.s at 23:42| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする