2016年10月12日

浅草 関東大震災と富士小学校 川端康成「空に動く灯」より

震災直後の大正13年に発表された短編小説「空に動く灯」から。「我観」誌5月号初出。
<<秋空が高く澄んでゐる。
その頃、東京に住む人が高臺(たかだい)に登つて展望を得た瞬間には、ふと我を忘れた歓喜で心が新しくなる習はしであった。大地震の大火で焦け死んだ大地を、二月とたたぬうちにバラツクの假(かり)建築が飾り覆うた。それには人の心を感動で染める多くのものがある。
浅草公園の裏で、✖✖警察署と✖✖尋常小學校とだけがあの火焔のなかに姿を崩さなかった。
小學校は鐵筋コンクリイトの三階建の建築である。
日曜日である。金原訓導は古い友人とその學校の屋上庭園の塔に登って、復興の門出をした都(みやこ)を見晴してゐた。通り一つを距つて警察署の屋上で、黒服の警察官がゆつたりと東西南北を見遥かしてゐたが、突然帽子を脱いだ。金原訓導は笑ひながら、クレオンで寫生してゐる小學生の傍らに立つてゐた友人を呼んだ。(略) 友人は訓導から渡されたクレオン畫と實景(じっけい)とをちよつと見較べてから、子供に畫を返した。平田はこの學校では、繪(え)の天才である。青空と、浅草観音の五重塔と、塔の前の立樹と、焼け焦げた電柱一本と、バラツクを一軒畫いてある。>>
kawabatahuji 01.jpg
(川端は、向いあう象潟(きさがた)警察署と浅草區立富士尋常小學校の名称を伏字にして震災直後の様子を描く。現在も両者は、建物の形を変えながらも隣りあっている。写真は富士浅間神社側の正面玄関。)

<<一階の教室は浅草區役所の配給品の倉庫に使はれてゐて、その手拭も配給品である。庭の一方には醬油樽、炭俵、梅干などが積み上げてある。(略) 浅草公園やその近くに露宿したり掘立小屋(ほったてごや)を立てたりしてゐた焼け出されを、この小學校に収容したのは地震の後八日目であつた。(略)水道が永く止つたきりだつたから、水は初め✖✖警察署の裏の井戸から汲んでゐたのだが、衛生上危険だといふので、役所のタンク自動車が遠くから清水を運んで來ることになつてゐた。學校が始まる時分には、水道も通じ、風呂桶も二三据ゑつけられた。>>
kawabatahuji 03.jpg   kawabatahuji 01map.jpg
(小学校西面の写真。奥に浅間(せんげん)神社が見える。警察署は左側。地図は戦前=昭和初期。)

<<少し物語じみるが、この小學校は鐵筋コンクリイトに新築された真新しさを、夏休みの終つた九月一日の午前に唯一度兒童を入れただけで、焔になめられたのであつた。(略) 大震災の強い刺激の後の混亂の中では、人々は異常なものを眺めても異常とは感じなかつた。殆ど何物にも驚かなかつた。人間が鐵棒で叩き殺されるのを見ても、道の真中で雙兒が生まれても、三日も食はず飲まずにゐても、あたりまへのやうな氣がしてゐた。>>
 「川端康成全集第2巻」新潮社1980年刊から抜粋。

「浅草の生活記、風俗記としては、甚だ残薄なのは自分も認めるが、それでも尚、浅草見聞記、印象記として、恐らくこの作品は不滅であらうと考へてゐる」と川端の云う新聞連載小説「浅草紅團(くれなヰだん)」にも✖✖警察署と✖✖尋常小學校校が登場する。その部分を抜粋引用。
<<弓子と男は煤(すす)けた石油ランプの火影にゐるのだ。
「象潟(きさがた)警察の向ひだわ。分る?富士尋常小學校だわ。」
「ああ。」と、男は思はず釣り出されたらしい。
「それごらんなさい。おとぎばなしでもなくなつたわけね。だけど、あの學校からして、少しお話じみてるわ。鐵筋コンクリイトの三階に新築して、九月一日の朝・・・・>>
内容は「空に動く灯」とほぼ重複する展開なので、以下略。

尚、川端康成は、関東大震災発生後、直ちに本郷から浅草まで駆けつけている。燃え盛る街路を黒煙に視界を妨げられながらの所要時間2時間なのだから、これは疾走といっていいだろう。幾つかのエッセイに後日談を混えて、震災見聞を書き残しているが、人気を博した初期の代表作「浅草紅團」にも当日の行動が書かれている。
<<十二階の塔は、大正十二年の地震で首が折れた。私はその頃まだ本郷に下宿住いの學生だつた。昔から浅草好きの私は、十一時五十八分から二時間と経たぬうちに、友だちと二人で、浅草の様子見に行つた。>>

富士尋常小學校略史(富士小学校HP、他参照)
明治33年(1900年)12月 浅草區馬道二丁目十一番(現・台東区浅草4-48)の校舎にて開校式。
大正6年(1917年)2月 総2階建木造校舎竣工。
大正10年(1921年)4月6日 浅草田町の大火で全校舎類焼。午前8時半、東京市浅草区田町1-38宮戸座俳優中村富右衛門方から出火。焼失戸数千数百戸に及ぶ。11時過ぎ象潟署・富士尋常小学校(9時類焼?)が火炎に包まれる。昼過ぎ浅草公園六区から十二階裏手一帯類焼。
大正12年(1923年)6月 鉄筋コンクリート3階建の新校舎竣工。東洋一の新式校舎と宣伝される。
大正12年(1923年)9月1日 富士尋常小学校4校に分散した児童を一堂に会して始業式を挙行。数時間後(11時58分)、関東大震災発生。新校舎の一切の設備が灰塵に帰す。甚大な被害を被った横浜を始めとして死者・行方不明数は10万5千余名。特に両国の陸軍被服廠跡の惨状は悲惨そのもの(死体の山)。
大正15年(1926年)3月 富士尋常小学校復興工事完成。
昭和20年(1945年)3月 米軍空襲で校舎全焼。
昭和46年(1971年)11月 鉄筋コンクリート4階建の新校舎落成。
kawabatahuji 02.jpg kawabatahuji 04.jpg
(左写真)象潟警察は現在、浅草警察署と名称変更。富士浅間神社境内から。 (右写真)富士尋常小學校時代の緊急用水の井戸ポンプなのか? 位置は地図に印。 

2013年10月02日

蔵前 古書店 浅草・御蔵前書房

古本屋の建物が右に傾いて、隣りのビルに寄りかかっているって?
目の錯覚だ。いくら情が深い下町といえど、寄りかかったら隣りの栄ビルに迷惑だ。
よく見ると、数センチのところで堪えており、寄りかかってはいない。
崩落防止のネットを被せられたボロい木造二階建て看板建築は、昭和23年の竣工(多分です)。文庫本を1冊買った時に、店番をしていたおばあちゃんに聞いたのだが、答えは一言「23年」。23年前では有り得ないし、おそらく昭和23年と言ったのだろう。
okuramaebook01.JPG   okuramaebook02.jpg
江戸通り(国道6号)沿いに<大江戸・大東京関係・相撲文献>の看板を掲げる「御蔵前書房」。近辺(蔵前橋北詰)には、1984年(昭和59年)9月秋場所まで蔵前国技館が存在していた。ここから現在地の両国に移転したのだ。
okuramaebook03.jpg okuramaebook04.jpg
店内奥の棚は相撲関連の文献が占有している。店頭の棚は壺がブックエンド。
okuramaebook05.jpg okuramaebook06.jpg
外観は右に傾いているが、店内もしっかり右傾斜。懐かしいLPが飾ってある(売り物?)。
okuramaebook07.jpg okuramaebook08.jpg
おばあちゃんとそろって店番をしている猫君。客が訪れると、すっと通路を空ける。帰りは邪魔して通せんぼ・・「買ったじゃない」と本を見せると納得顔をして通してくれる。
*撮影2007年7月(最初の1枚のみ)、残りは2009年4月。
*蔵前国技館の竣工は、1954年(昭和29年)9月。30年間にわたり大相撲のメッカであった。跡地は公共施設(東京都下水道局処理場と蔵前水の館)の敷地となっている。

2013年02月10日

浅草 阿部定の足跡 吾妻橋

阿部定は1969年8月27日公開の「明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史」(石井輝男監督・東映作品)というオムニバス形式のエロ・グロ映画に出演しています。芝居はかなり出演してますが映画はこれだけのようです。
「阿部定事件」のエピソードに本人自身がインタビュー(本編の頭より27分ほどの所と52分少し前の2ヶ所・・DVDでは予告編内の会見場でも登場)を受ける形で登場。和服姿の阿部定は当時64歳の誕生日を迎えてすぐくらいのはず(周囲の通行人は半袖なので撮影は5月以降?)だが、かなり老けてみえる・・・平成の時代の60歳代と比較するほうが間違っているのかも。主演の吉田輝雄にインタビューを受けるロケ場所は、まだ赤色にペイントされる以前の水色の浅草・吾妻橋(あづまばし) 。時々、視線を足元に落としながら返答しているのだが「阿部定の声」を聞くことが出来る貴重な作品となっています。この映画に出演当時は三ノ輪で「若竹」(おにぎり屋の看板を出す飲み屋)を経営( 1967年=昭和42年開業)しており、1年も経たない1970年3月に借金トラブルに巻き込まれて蒸発するように行方不明となってしまいます。

映画は「新東宝」の色彩が強い仕上がりで、グロシーンが苦手の方にはつらいものがあります。定役は賀川雪絵。他のエピソードは「東洋閣事件」・「小平事件」・「高橋お伝」など。史上最後の斬首処刑(明治12年・首切り浅右衛門に関連する処刑史で取り上げられる)となった「高橋お伝」に最も興味を持った作品なのです。墓は南千住の回向院にあるのだが、谷中墓地の供養碑の傍らにある処刑時の絵が強く印象に残っているために観たかった映画なのです。相当男(恋人)に未練を残し暴れながら首を打たれていきました。なんかお定よりお伝のほうに行ってしまいそうなのでここまで。
azumabashi abe01.JPG azumabashi abe02.JPG
(左写真)東岸からー白い橋桁の真上付近でインタビュー(右写真)画面左端付近で阿部定が立ち止まっていた・・炎のオブジェはもちろん当時は無し
azumabashi abe03.JPG azumabashi abe04.jpg
インタビュー位置から雷門方面 奥に地下鉄出入口の和風建屋=昨家・永井荷風がその前で写真を残している 撮影2005年〜2007年
 *渋谷・ハチ公広場向かいのツタヤで5年ほど前にこの映画のDVDをレンタル。


2013年02月08日

浅草 阿部定の足跡 百万弗劇場

阿部定は、戦後の混乱もやや収まりかけた昭和23年に、劇作家・長田幹彦が主宰する劇団で自ら「阿部定」役を演じる。演目は「昭和一代女」。1936年(昭和11)5月に尾久の待合で起こした猟奇殺人事件を、自ら出演して浅草の芝居小屋で再現してみせる。地方巡業をこなした後、浅草の<観音寺裏にあった百万弗劇場>で上演開始(「阿部定正伝」では芝居を観た浅香光代のインタビューを紹介P315している)。そのインタビューでは、この劇場の場所を「観音様の裏手にあったんです」と紹介している。裏手? 観音様の裏手(浅草寺本堂の裏手=北側)って大きな浅草寺病院がある辺りかなと思い、戦後の火保図(火災保険特殊地図)で調べると、病院の東側に「百万弗ホテル」の記載がある。ホテルの付属らしき2つの建物もある。だが芝居小屋の記載はない。(現在、百万弗ホテルは痕跡もなく消滅している)
結局、「百万弗劇場」の位置は、興業街・六区のほぼド真ん中・・・せめて「観音様の隣り」と言っていたら迷わなかったのに。日本最大の歓楽街のその中心「六区」。映画館「キリン館」は「観音劇場」と名称を変えた後、戦後しばらくして「百万弗劇場」になっている。阿部定が舞台に立った場所は、「六区」メーンストリートにある「大勝館」の西隣りだったのです。実際の詳細地図での記載を確認できてないので推定です。
 asakusa abe01.JPG  asakusa abe02.JPG
(左写真)左の大きなビルの一画が「百万弗劇場」 跡地はいくつかのビルに分割されている 地番・浅草2−11の南側部分
 asakusa abe03.JPG  asakusa abe04.jpg
大勝館側から見た一画 屋上の塔が印象に残る歴史ある大勝館も解体更地に(2013年秋頃にドンキ浅草店ビル完成) 2012年末から「六区」メーンストリートはかってないほど変貌する

参考資料
「阿部定正伝」1998年刊・情報センター出版局

「上野 阿部定の足跡 坂本町の長屋跡」http://zassha.seesaa.net/article/312996652.html
「兵庫・篠山市 阿部定の足跡 京口新地」http://zassha.seesaa.net/article/313095541.html
「名古屋 阿部定の足跡 中村遊郭」http://zassha.seesaa.net/article/313453094.html
「神田 阿部定の足跡 出生地と小学校」http://zassha.seesaa.net/article/313356355.html
「上野 阿部定の足跡 星菊水」http://zassha.seesaa.net/article/312979470.html
「日本橋浜町 阿部定の足跡 浜町公園」http://zassha.seesaa.net/article/316491763.html
「大津 阿部定の足跡 地蔵寺」http://zassha.seesaa.net/article/316571479.html

2013年01月22日

浅草 ビートたけし 第二松倉荘跡

「第二松倉荘は浅草三丁目の、言問通りから千束通りにちょっと入った、富士銀行の裏手にあった」(「浅草キッド」新潮文庫P90)
ビートたけしが芸能界に入るきっかけとなった浅草のストリップ劇場「フランス座」の下積み新人時代に住んだアパート「第二松倉荘」・・ビートたけしの原点でありスタート地点でもある浅草での二つの記念碑的建物のひとつ。この「第二松倉荘」は現在は先述の「富士銀行」とともに解体されてます。もうひとつの「ストリップ劇場」のほうの建物は健在(ストリップ興行は廃止)。富士銀行の前身は安田銀行・・といえば簡単そうだが、この浅草3丁目の言問通りには少し前まで後身たる「みずほ銀行」が100mと離れていない場所に2行が並ぶように存在していたのです。「さあ、どっち?」状態に陥ります。現在、旧第一勧銀の「みずほ銀行」が生き残っており、旧富士のほうは再開発されて大きなMSに・・・しかし、「第二松倉荘」があった敷地の向かい側に旧富士銀行時代の駐車場が残されています。「浅草キッド」の文章に基いて調べ始めると現在、残っている旧第一勧銀の「みずほ銀行」につい誘導されてしまいます。ちょっとしたミステリーのトリックです。
takeshi asakusa01.jpg takeshi asakusa02.jpg
「言問通りから千束通りにちょっと入った・・・」ちょっと入った千束通りのここを右折 (右写真)左奥に旧・富士銀行の駐車場が見える
takeshi asakusa03.jpg takeshi asakusa04.jpg
自動車回転板の位置に4階建てアパート「第二松倉荘」があった 1階は駐車場への出入り口で2階の空き部屋にたけしはもぐり込めた(1973年たけし26歳)のです (右写真)再開発で設置された敷地表示板=二重丸の位置が「第二松倉荘」
「玄関から二階への階段を上ったすぐの、管理人室のとなりの三畳間だった」(「浅草キッド」)。このアパートは浅草フランス座を経営していた東洋興業が建てたもので、社員やフランス座の従業員・踊り子たちの社員寮として使用していたのですが、たけしの入居した頃は興業街とは無関係の一般人がほとんどだったようです。
「浅草キッド」の第7章「いのうえという昨家志望のやつが入ってきた」の冒頭に「第二松倉荘」への移転の経緯が記述されており、井上雅義氏との交友も描写。井上雅義「幸せだったかな ビートたけし伝」2007年刊・白夜書房に「第二松倉荘」の貴重な写真一葉掲載有り。
takeshi asakusa05.jpg  takeshi asakusa06.jpg
地図は当時、たけしと関係があった箇所を赤文字で表示 (右写真)「小料理ふみ」跡・・たけし談「4人でいっぱいの店」・・かなり以前、バラエティ番組でたけしが軍団を引き連れてこの店を訪れていたのを見たことがあります。尚、たけしがよく訪れていた「捕鯨船」は地図で赤丸の場所で営業していた時代の話。現在は一等地(六区通り)に移転し繁盛してます。
takeshi asakusa07.jpg takeshi asakusa08.jpg
「捕鯨船」旧店舗跡 撮影時は空テナント(右写真)「花やしき」近くの治安が悪そう(?=近くの路上に数人倒れていた)な路地のフェンスに古い地図板=旧・捕鯨船の場所が判りました(店に聞けばすぐわかるのにね) 昭和52年開店〜平成12年に移転
takeshi asakusa09.jpg takeshi asakusa10.jpg
現在の「捕鯨船」(17時開店) 平成12年に六区通りの中ほどの場所に移転 店はテレビ番組で度々紹介されており観光客も来てしまう人気の魚介系(鯨)居酒屋に (右写真)「捕鯨船」のまん前にある六区通り名物の芸人プレート(赤丸の所)には「予約済み」の文字が・・・もちろんビートたけしが故人になればここに名前が記されます  *予約プレートの背景にネットを被った古ビル=大勝館(六区最後の興業館)は解体され現在(2013年1月)更地です 今年12月に新ビル完成予定でドンキ浅草店(仮称)がオープン たけしのいたフランス座は大勝館の画面左(元は三友館)隣りです 
        takeshi asakusa11.jpg
たけしの予約プレートの裏側には「でん助」のトレードマークのメイク顔 そのうち後頭部に「でん助」のお面を貼り付けて<死後>のギャグやってほしい(すでにやったかどうかは不明)

年表は「コマネチ!」(1998年刊・新潮文庫)の巻末「おいらの自分史」を参照。

「四谷 ビートたけし・バイク事故現場」http://zassha.seesaa.net/article/74282035.html

2012年08月10日

三ノ輪 浄閑寺門前 写真家・荒木経惟(のぶよし)の実家跡

三ノ輪の浄閑寺門前、父親は下駄職人荒木長太郎、母親はきん、7人兄弟の5番目として1940年(昭和15)5月25日にこの地でアラーキーは出生。
経惟(のぶよし)と命名したのは道路を渡った東側の浄閑寺の住職。旧番地で14番(角)か15番(やや入った所)の表示位置に、黒い鼻緒の大きな下駄を看板代わり貼り付けた2階建ての木造銅板ぶきの履き物屋があった。そこが生家の「にんべんや履物店」。

「にんべんや」の店前の道路中央でカメラを首から提げた帽子にサングラス姿のアラーキーが突っ立ているポートレイトが写真集に収められている。
早速、おなじ位置にでかけて近所のおばちゃんに頼んで空間合体写真。アラーキーの足元には当時マンホールは無かった・・・位置決めが難しい。
もちろん「にんべんや」は解体されていて現状は駐車場。
デジカメ構えるおばちゃんの後ろには浄閑寺の山門が見える。永井荷風がのっそりと現れそう。アラーキー氏の写真集には、荷風の「墨東綺譚」にアイデアを得た「墨東エロス」(1994年 モデル水島裕子)がある。

1977年8月に「にんべんや」は空き家に。
1978年、37年間暮らした三ノ輪の地を去り、狛江に転居。
  荒木経惟オフィシャルサイト http://www.arakinobuyoshi.com/main.html

mino ara01.jpg mino ara02.jpg

             mino ara03.jpg
この地図の浄閑寺のすぐ近くに昔、知り合いの女が住んでた。いまでも表札は昔のままの苗字。S・Tさん。・・・アラーキー・荷風・数万人の遊女の死・・・濃密な空間です。
 
豪徳寺 写真家荒木経惟(アラーキー)居住MS  http://zassha.seesaa.net/article/284210221.html