2018年07月08日

写真日記 7月8日

恵比寿のアートギャラリー<NADiff a/p/a/r/t (ナディフ)>オープン10周年記念<Chim↑Pom展>が7月6日(金)から始まっている(7月22日まで、入場無料)。2008年7月のオープン展示が、Chim↑Pomだったというから周期10年の回帰展示。また 8日限定で10周年記念のフードイベント(コンコースにカレー店)が開催されていた。
2018 7 8  01.jpg
2018 7 8 05.jpg
兵庫尼崎のネパール食堂<Art & Nepal>がNADiffのコンコースに出張出店。

地下展示スペースへの螺旋階段を下りると、展示フロア全面に水がはられ、一瞬、水の映像詩人タルコフスキー(代表作「惑星ソラリス」)の世界が脳裏をよぎる。静逸性を拒否するような水の落下音までがタルコフスキー的空間なのだが、視線を薄暗い壁面移すとグラフティのような描画が3面に配され、シンボリックな「水」の意味がそこで分断され、融合性は見いだせない。単なる水盤に浮かぶポップアート、インスタレーションと捉えれば、刺激もあって楽しめる。
2018 7 8  02.jpg
2018 7 8 03.jpg
螺旋階段を下りた辺りで頭上に注意、ゴッツンしないように気を付けて。
*作品は是非訪れて観て下さい。水盤に設置された鑑賞通路自体も作品の一部なので、これもじっくり踏みしめてみたい。
posted by t.z at 23:57| Comment(0) | 写真日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする